市場ニュース

戻る

【材料】アンドール<4640>のフィスコ二期業績予想

アンドール <日足> 「株探」多機能チャートより

※この業績予想は2018年4月26日に執筆されたものです。最新の情報が反映されていない場合がありますのでご了承ください。

アンドール<4640>

3ヶ月後
予想株価
700円

2次元・3次元CADソフト開発を手掛ける。製造業に加え、医療、建築、金融等の分野にも対応。エンジニアリング事業、不動産事業も展開。プロダクツ事業は堅調。自社製品の売上伸長が寄与。18.3期3Qは収益好調。

エンジニアリング事業は収益好調。選択受注や契約条件の見直し等が奏功。不動産事業は低調。18.3期通期は2桁増益を見込む。利益成長鈍化懸念が株価の上値抑制要因だが、26週線が当面の下値をサポートへ。

会計期/実予/売上高/営業利益/経常利益/純利益/EPS/配当
18.3期連/F予/2,700/230/235/170/32.83/3.00
19.3期連/F予/2,950/260/265/185/35.73/3.00
※単位:百万円、円、F予:フィスコ予想

執筆日:2018/04/26
執筆者:YK

《FA》

 提供:フィスコ

日経平均