市場ニュース

戻る

【材料】ダイナパック<3947>のフィスコ二期業績予想

ダイナパック <日足> 「株探」多機能チャートより

※この業績予想は2018年4月25日に執筆されたものです。最新の情報が反映されていない場合がありますのでご了承ください。

ダイナパック<3947>

3ヶ月後
予想株価
1,800円

段ボール・印刷紙器のほか、紙製緩衝材・包装材などトータルパッケージング・ソリューションを提供。関東・東北エリアの紙器事業を再編。投資有価証券売却益は増加。減損損失の減少も寄与し、17.12期は最終増益。

ベトナム工場は設備増強完了。18.12期は大幅な営業増益見通し。包装材関連事業は収益改善を見込む。紙器事業の再編、価格改定等が寄与。今期業績計画は好材料。PBRは割安感が強く、株価は水準訂正先行へ。

会計期/実予/売上高/営業利益/経常利益/純利益/EPS/配当
18.12期連/F予/52,500/1,000/1,270/950/96.10/50.00
19.12期連/F予/53,200/1,050/1,320/980/99.13/50.00
※単位:百万円、円、F予:フィスコ予想

執筆日:2018/04/25
執筆者:YK

《FA》

 提供:フィスコ

日経平均