市場ニュース

戻る

【材料】東急建設<1720>のフィスコ二期業績予想

東急建設 <日足> 「株探」多機能チャートより

※この業績予想は2018年4月20日に執筆されたものです。最新の情報が反映されていない場合がありますのでご了承ください。

東急建設<1720>

3ヶ月後
予想株価
1,100円

東急グループの建設会社。持分法適用会社に道路舗装の世紀東急工業。渋谷再開発案件など手持ち工事豊富。顧客基盤や建築・鉄道分野に強み。建築部門は売上好調。国内民間向けが伸長。18.3期3Qは2桁増収増益。

受注高は2桁増。土木部門は東急グループからの受注が好調。18.3期通期利益予想を上方修正。工事採算改善による完成工事総利益の増加等が寄与。株価指標に割高感はないが、利益成長鈍化懸念が株価の上値を抑制へ。

会計期/実予/売上高/営業利益/経常利益/純利益/EPS/配当
18.3期連/F予/319,000/20,400/21,000/15,100/141.51/28.00
19.3期連/F予/324,000/20,900/21,500/15,350/143.85/29.00
※単位:百万円、円、F予:フィスコ予想

執筆日:2018/04/20
執筆者:YK

《FA》

 提供:フィスコ

日経平均