市場ニュース

戻る

【市況】2日のNY市場は下落

NASDAQ <日足> 「株探」多機能チャートより

NYDOW  : 23924.98 (-174.07)
NASDAQ  : 7100.90 (-29.81)
CME225  : 22425 (-45(大証比))

[NY市場データ]

2日のNY市場は下落。ダウ平均は174.07ドル安の23924.98、ナスダックは29.81ポイント安の7100.90で取引を終了した。午後にFOMC結果発表を控えて、様子見ムードから積極的な売買は限られた。注目のFOMCでは政策金利が据え置かれたものの、インフレ率が目標に近づいたとの認識を示し、6月の追加利上げを示唆。発表後に株価は下落した。セクター別では、テクノロジー・ハード・機器や自動車・自動車部品が上昇する一方で保険や家庭用品・パーソナル用品が下落した。シカゴ日経225先物清算値は大阪比45円安の22425円。ADRの日本株はファナック<6954>、ソニー<6758>、ファーストリテ<9983>、三井住友<8316>、TDK<6762>が堅調。半面、トヨタ<7203>、任天堂<7974>、ソフトバンクG<9984>、キヤノン<7751>、日産自<7201>、京セラ<6971>がさえないなど、対東証比較(1ドル109.82円換算)で高安まちまち。
《TM》

 提供:フィスコ

日経平均