市場ニュース

戻る

【材料】ノジマは続落、18年3月期業績は計画上振れも第4四半期減速を嫌気

ノジマ <日足> 「株探」多機能チャートより
 ノジマ<7419>は続落している。1日の取引終了後、集計中の18年3月期連結業績について、売上高が従来予想の4880億円から5018億円(前の期比16.1%増)へ、営業利益が166億円から170億円(同12.6%増)へ、純利益が108億円から136億円(同33.9%増)へ上振れて着地したようだと発表したが、修正値では1~3月期営業利益は22.0%減益となり、足もとの減速を嫌気した売りが出ているようだ。

 上方修正は、高付加価値の商品が伸びたことで、デジタル家電専門店運営事業の売上総利益が伸長したことに加えて、インターネット事業のニフティでコスト構造見直しなど体質改善が進んだことが寄与したという。また、関係会社株式売却益や繰延税金資産の計上なども最終利益を押し上げたとしている。

出所:みんなの株式(minkabu PRESS)

日経平均