市場ニュース

戻る

【特集】決算マイナス・インパクト銘柄 【東証2部・新興市場】 … アマナ、初穂商事、ユーラシア (5月1日発表分)

初穂商事 <日足> 「株探」多機能チャートより

―決算で売られた銘柄! 下落率ランキング―

 企業決算に対する評価は、マーケットでは「株価」として表される。ここでは、決算を受け止めて株価がいかに反応したかを探る。

 以下に挙げたのは、決算発表が「マイナス・インパクト」となった可能性のある東証2部・新興市場の銘柄である。株価が決算発表前日の4月25日から1日の決算発表を経て2日9時27分現在、水準を切り下げている銘柄を下落率の大きい順にランキングした。

▲No.1 初穂商事 <7425>
 18年12月期第1四半期(1-3月)の経常利益(非連結)は前年同期比15.0%減の1.3億円に減り、1-6月期(上期)計画の1.9億円に対する進捗率は5年平均の86.8%を下回る71.6%にとどまった。

▲No.2 ユーラシア <9376>
 18年9月期第2四半期累計(17年10月-18年3月)の連結経常損益は6900万円の赤字(前年同期は8800万円の黒字)に転落した。

▲No.3 植松商会 <9914>
 18年3月期の経常利益(非連結)は前の期比62.2%増の1億4600万円に拡大したが、19年3月期は前期比17.8%減の1億2000万円に減る見通しとなった。

■決算マイナス・インパクト銘柄

コード 銘柄名    市場  下落率  発表日 決算期 経常変化率

<7425> 初穂商事    JQ   -4.33   5/ 1   1Q   -15.00
<9376> ユーラシア   JQ   -2.39   5/ 1  上期    赤転
<9914> 植松商会    JQ   -1.48   5/ 1 本決算   -17.81
<9909> 愛光電気    JQ   -1.20   5/ 1 本決算    -8.42
<2402> アマナ     東M   -1.11   5/ 1 本決算    -8.30

※下落率は「決算発表前日の終値を基準とした2日9時27分株価の変化率」。下落率、経常変化率は「%」。本決算の経常変化率は今期予想。
「1Q」は第1四半期決算。「上期」は第2四半期累計決算。

株探ニュース

日経平均