市場ニュース

戻る

【材料】シンバイオ製薬<4582>のフィスコ二期業績予想

シンバイオ <日足> 「株探」多機能チャートより

※この業績予想は2018年4月19日に執筆されたものです。最新の情報が反映されていない場合がありますのでご了承ください。

シンバイオ製薬<4582>

3ヶ月後
予想株価
220円

がん・血液・自己疼痛管理の分野で新薬開発を行う医薬品企業。新薬候補物質は米国等の他社から開発後期以降の物質を導入。主力トレアキシンはエーザイ通じ、国内販売。適応症拡大を推進。17.12期は増収も損益悪化。

適応症拡大を推進中の抗がん剤トレアキシンが高成長。研究開発費の減少もあり、18.12期は大幅増収で損益改善見通し。ただ、新薬開発の活発化で研究開発費の再増加が予想され、黒字転換はまだ先。株価は材料待ち。

会計期/実予/売上高/営業利益/経常利益/純利益/EPS/配当
18.12期単/F予/4,200/-2,980/-3,050/-3,050/-/-
19.12期単/F予/5,400/-2,500/-2,550/-2,550/-/-
※単位:百万円、円、F予:フィスコ予想

執筆日:2018/04/19
執筆者:HH

《FA》

 提供:フィスコ

日経平均