市場ニュース

戻る

【材料】セレス後場上げ幅を拡大、ブロックチェーンゲーム「くりぷ豚」を今春リリースへ

セレス <日足> 「株探」多機能チャートより
 セレス<3696>が後場上げ幅を拡大している。この日正午ごろ、ブロックチェーンのプロダクト・サービス企画・開発・運営を行うグッドラックスリー(福岡市中央区)と共同で、「イーサリアム」のブロックチェーンを活用したスマートフォン向けゲーム「くりぷ豚(トン)」を今春リリースすると発表しており、これを好感した買いが入っている。

 今回の共同事業は、くりぷ豚の運営を通じてグッドラックスリーの持つオンラインゲームの企画・開発力と、セレスの持つ仮想通貨・ブロックチェーン関連のノウハウおよび累計1000万人以上のポイントサイト会員情報などを活用することで、今後拡大が見込まれるブロックチェーンゲーム市場への早期の参入を行うのが目的。ブロックチェーンゲーム「くりぷ豚」は、ユーザーが豚のキャラクター「くりぷトン」をコレクションし、交配させ新種を誕生させたり、ユーザー間での売買を可能とするゲームで、登場する「くりぷトン」は組み合わせにより約3京6000兆通りに上り、高いコレクション性を誇るとしている。なお、業績への影響は精査中としている。

出所:みんなの株式(minkabu PRESS)

日経平均