市場ニュース

戻る

【市況】個別銘柄戦略:ニトリHDや東エレクに注目

NYダウ <日足> 「株探」多機能チャートより

26日の米国市場では、NYダウが238.51ドル高の24322.34と大幅続伸し、ナスダック総合指数も114.94pt高の7118.68と上昇。シカゴ日経225先物は22435円と大阪日中取引比115円高。米企業の好業績とハイテク株高を受けて、東京市場でも、トヨタ<7203>やソニー<6758>といった輸出セクターの主力銘柄主導で相場が持ち上げられよう。26日大引け後に社長退任を発表した任天堂<7974>は影響が読みにくく、同銘柄に集中していた短期売買資金はマネックスG<8698>やソフトバンクG<9984>に流れよう。一方、26日の米長期金利が3%を下回ったため、金利高を手掛かりに上げてきた三菱UFJ<8306>や第一生命HD<8750>など金融関連銘柄はいったん利食いが予想される。日経平均はシカゴ先物市場にサヤ寄せが見込まれる。取引時間中に円相場が軟化すれば、権利行使価格22500円コールの売り手による先物買いを誘発するような買い仕掛けで一段高も期待できる。格上げや目標株価の引き上げ等が観測されているオンワードHD<8016>、清水建<1803>、エムスリー<2413>、大塚HD<4578>、日本電産<6594>、東エレク<8035>、ニトリHD<9843>などに注目。
《US》

 提供:フィスコ

日経平均