市場ニュース

戻る
2018年04月17日15時37分

【特集】SBSHD Research Memo(6):継続的な配当維持と業績に応じた配当水準の向上を目指す

SBSHD <日足> 「株探」多機能チャートより

■株主還元策

株主還元について、SBSホールディングス<2384>は継続的な配当維持と業績に応じた配当水準の向上を目指していくことを基本方針としている。2018年12月期の1株当たり配当金は前期比横ばいの21.0円を予定している。2016年12月期に33.0円の配当を実施しているが、これは2015年12月期に実施予定だった配当金16.0円を、2016年12月期の第1四半期に実施したことによる。配当性向では20%前後の水準を意識していると見られ、収益の拡大が続けば増配も期待される。


■情報セキュリティ対策

同社グループは、顧客の貨物情報や倉庫管理等の業務システム、並びに社内の経営管理システムまでコンピュータ及びネットワークを使用している。このため情報セキュリティ対策については経営の最重要課題として取り組んでおり、昨今のサイバーテロの増加など外部からの不正アクセスやマルウェアの対策強化の一環として、自社サーバーを分別管理するなどバックアップ体制を強化した。また、顧客情報管理やセキュリティ対策等の教育についても、階層別研修のプログラムに組み込むなどし定期的に実施している。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 佐藤 譲)

《MH》

 提供:フィスコ
お気に入りを追加しました。
x
お気に入りを削除しました。
x

日経平均