市場ニュース

戻る
2018年04月17日15時03分

【市況】東証マザーズ(大引け)=マザーズ指数は続落、TKP、ハナツアーJが一時S安

マザーズ指数 <日足> 「株探」多機能チャートより
 17日大引けの東証マザーズ指数は前日比8.20ポイント安の1114.19ポイントと続落。値上がり銘柄数は89、値下がり銘柄数は148となった。

 個別ではティーケーピー<3479>、HANATOUR JAPAN<6561>が一時ストップ安と急落した。ミクシィ<2121>、ジーエヌアイグループ<2160>、トライステージ<2178>、夢展望<3185>、スタジオアタオ<3550>など35銘柄は年初来安値を更新。キャリア<6198>、ベイカレント・コンサルティング<6532>、エル・ティー・エス<6560>、シルバーライフ<9262>、デファクトスタンダード<3545>は値下がり率上位に売られた。

 一方、エディア<3935>、グローバルウェイ<3936>がストップ高。アジャイルメディア・ネットワーク<6573>、和心<9271>、ヒューマン・アソシエイツ・ホールディングス<6575>、富士山マガジンサービス<3138>、ブティックス<9272>は値上がり率上位に買われた。

株探ニュース

日経平均