市場ニュース

戻る
2018年04月17日09時40分

【材料】近鉄百貨店が続伸、19年2月期は営業増益と12期ぶり復配を予想

近鉄百 <日足> 「株探」多機能チャートより
 近鉄百貨店<8244>が続伸。16日取引終了後発表した19年2月期業績予想は、売上高2780億円(前期比1.5%減)、営業利益50億円(同2.3%増)、純利益36億円(同2.5倍)と増益を見込み、配当予想は年間20円で12期ぶりの復配を予定していることが好感されている。

 今期は、百貨店業で売り場改革を推し進め、あべのハルカス近鉄本店では、化粧品売り場や食料品売り場に人気ブランドを新設するほか、話題性のある催事を展開。隣接するHoop、and、天王寺公園エントランスエリア「てんしば」などの周辺施設との連携も強化する。その他の店舗でもそれぞれの商圏の特性に応じた改装を実施していく。また、直営フランチャイズ店舗の出店を拡大するに当たり、物販店舗のみならず料理教室やフィットネスクラブなどの「コト」サービス型店舗の出店にも取り組む。

 なお、18年2月期業績は、売上高2822億1100万円(前の期比5.9%増)、営業利益48億8700万円(同59.6%増)、純利益14億6200万円(同14.8%減)だった。

出所:みんなの株式(minkabu PRESS)

日経平均