市場ニュース

戻る
2018年04月16日15時16分

【通貨】東京為替:ドル・円は安値圏継続、シリア攻撃への懸念は一服

ドル円 <日足> Slowストキャス 「株探」多機能チャートより

 16日午後の東京市場で、ドル・円は107円20銭付近と本日の安値圏でのもみ合いが続く。日経平均株価は前週末比56円高で取引を終えたほか、シリア攻撃による地政学リスクへの警戒は一服したもよう。ただ、明日からの日米首脳会談を控えて、警戒的な円買いは後退しておらず、ドル・円は上値が重い状態が続いている。


 ここまでの取引レンジは、ドル・円は107円13銭から107円61銭。ユーロ・円は132円12銭から132円67銭、ユーロ・ドルは1.2325ドルから1.2343ドルで推移。

《KK》

 提供:フィスコ

日経平均