市場ニュース

戻る
2018年04月16日14時09分

【材料】ベネフィット・ワン---ベネフィットワン・ヘルスケア特定保健指導事業拡大、MYTECNO特定保健指導事業を譲受

ベネ・ワン <日足> 「株探」多機能チャートより

ベネフィット・ワン<2412>は13日、子会社のベネフィットワン・ヘルスケア(本社:東京都千代田区)が、明治安田システム・テクノロジー(本社:東京都江東区)から、ヘルスケアトータルサポート事業を2018年10月1日付で譲受することを発表した。

厚生労働省の「保険者による健診・保健指導等に関する検討会」は保険者機能の責任を明確化するため、2017 年度の実績から各保険者別に特定健診・保健指導の実施率公表を義務化した。このため、各保険者の特定保健指導実施率向上に向けた取り組みは、より一層高まることが予想される。そこでべネフィットワン・ヘルスケアは、明治安田システム・テクノロジーから同社の特定保健指導事業を譲受し、同事業をより強化していく。

明治安田システム・テクノロジーは、ヘルスケアトータルサポート事業で主に健康保険組合向けに「疾病予防サポートサービス」を実施している。生活習慣病等の予備群・患者に対して、一人ひとりの疾病リスクやリスクの階層に応じた生活習慣の改善目標・計画を設定し、管理栄養士等による定期的な電話を通じて生活習慣病や慢性疾患の発症・重篤化の予防をサポートするサービスを提供している。

ベネフィットワン・ヘルスケアは健康保険組合の医療費適正化に寄与するとともに、病気を未然に防ぐ 「疾病予防」につなげるヘルスケア事業を実施することで、健康のサポートに寄与していく考え。

《MW》

 提供:フィスコ

日経平均