市場ニュース

戻る
2018年04月16日11時00分

【市況】個人投資家株師孔明:世界経済の成長から期待高まる欧州関連銘柄【FISCOソーシャルレポーター】

マキタ <日足> 「株探」多機能チャートより

以下は、フィスコソーシャルレポーターの個人投資家「株師孔明」氏(ブログ「株師孔明の株&仮想通貨ブログ」)が執筆したコメントです。フィスコでは、情報を積極的に発信する個人の方と連携し、より多様な情報を投資家の皆様に向けて発信することに努めております。

----

※2018年4月10日15時に執筆

【株師孔明の株&仮想通貨ブログ】にて、株や仮想通貨のブログを執筆している「株師孔明」と申します。どうぞ、お見知りおきを。

今回は、欧州関連銘柄と併せて気になるニュースを紹介していく。

■欧州経済が絶好調

世界的にも日本と同様、貿易量が多いことで知られているユーロ圏。特に好調なのが輸出であり、中国などのアジア地域が堅調に推移している。また輸入に関しても、新興アジアを中心として幅広い地域の輸入が伸びていることが顕著に数字でも表されている。

■高まる設備投資への関心

輸出の他にユーロ圏の経済が好調な理由が設備投資への関心が高まっていることが挙げられる。特に日本から欧州への輸出として金額が大きい、一般機械、輸送用機械、電気機械などはそれらの部類に属されるため、日本から欧州への輸出も堅調に推移する可能性が高いとみられている。確かに欧州で生産されている製品も日本と同様に高品質なものが多いものの、競合に対する不安は少ないだろう。

■欧州関連銘柄

<6586>マキタ
電動工具最大手で世界電動工具市場シェア2位を誇る同社。中近東やアフリカでの売上は伸び悩みが続いているものの、売上高の40%を占めている欧州地域では好調を維持している。

<7974>任天堂
海外売上高比率が73%と高く、その中でも欧州では同社のゲームファンが多い。「スイッチ」も欧州で史上最高の販売台数を記録するなど、欧州関連銘柄として注目できる。

<6755>富士通ゼネラル
国内だけでなく世界100か国規模で事業展開をしており、4月から欧州市場において業務用の室外機の販売を開始している。業界最小クラスの製品ということもあり、今後の拡販が期待される。

■まとめ

欧州で生産されている製品は日本と同様にも高品質なものが揃っている。

そのため、何かと競争意識を持っている人も少なくないように思うが、世界経済の成長が順調に推移することによって、両者のパイが拡大されるだろう。また、日本製品は特に欧州の設備投資関連で重宝されることが多く、関連銘柄への期待は高まるばかりだ。

その他の欧州関連銘柄に関する情報は、ブログの方でも詳しく綴っているので、「株師孔明の株&仮想通貨ブログ」と検索し、目を通して頂ければ幸いである。

最新のテーマ株や注目している仮想通貨などもブログにて多数紹介中。
ビットコイン、イーサリアム、リップル、ライトコイン、ビットコインキャッシュ、ネム、HERO、ICO、人工知能(AI)関連銘柄、防衛関連銘柄、EV関連銘柄、フィンテック関連銘柄、トランプ関連銘柄、ドローン関連銘柄、VR関連銘柄、リチウムイオン電池関連銘柄、IoT関連銘柄、ブロックチェーン関連銘柄、東京オリンピック関連銘柄、VR関連銘柄、自動運転関連銘柄、仮想通貨関連銘柄、ビットコイン関連銘柄など。

興味をもたれた投資家の諸兄姉に目を通して頂き役立てて頂ければ幸いである。
----

執筆者名:株師孔明
ブログ名:株師孔明の株&仮想通貨ブログ
ツイッター:@kabusikoumei

《WA》

 提供:フィスコ
お気に入りを追加しました。
x
お気に入りを削除しました。
x

日経平均