市場ニュース

戻る
2018年03月15日07時00分

【注目】本日注目すべき【好決算】銘柄 ヤーマン、ストリーム、岡村製 (14日大引け後 発表分)

ヤーマン <日足> 「株探」多機能チャートより

 14日大引け後に決算を発表した銘柄のなかから、業績好調や配当増額など市場で評価される可能性の高い銘柄を取り上げた。

 ヤーマン <6630>   ★5-1月期(3Q累計)経常が55%増益、対通期計画99%進捗
 ◆18年4月期第3四半期累計(17年5月-18年1月)の連結経常利益は前年同期比54.8%増の45.3億円に拡大して着地。免税店向けや中国向けを中心に主力の美顔器などの販売が好調だったことが寄与。原価低減や広告宣伝費の抑制も大幅増益に貢献した。
  通期計画の45.7億円に対する進捗率は99.1%に達しており、業績上振れが期待される。

 ストリーム <3071> [東証M]  ★今期経常は3.2倍増益へ
 ◆18年1月期の連結経常利益は前の期比65.3%減の6000万円に落ち込んだが、続く19年1月期は前期比3.2倍の1億9300万円にV字回復する見通しとなった。
  前期は広告宣伝費の増加に加え、期末滞留在庫の商品評価損を計上したことで大幅減益に沈んだ。今期は主力のインターネット通販で売れ筋商材の確保とアイテム数の充実による在庫の適正化を引き続き進める。また、化粧品事業では会員数拡大を図るほか、ラオックスの免税店向け販売を強化する。

 Vゴルフ <3931> [東証M]  ★今期経常は32%増で2期連続最高益更新へ
 ◆18年1月期の連結経常利益は前の期比73.0%増の1億5400万円で着地。続く19年1月期も前期比31.8%増の2億0300万円に伸び、2期連続で過去最高益を更新する見通しとなった。
  前期はインターネット通販を中心にゴルフ用品の販売が大きく伸びた。昨年9月に事業譲受したインドア・ゴルフスクールも売上拡大に貢献した。今期は集客支援システム「1人予約ランド」の利用者増加やゴルフ用品の好調継続などで、11.8%の大幅増収を見込む。

 岡村製 <7994>   ★今期最終を27期ぶり最高益に上方修正、配当も2円増額
 ◆18年3月期の連結最終利益を従来予想の89億円→102億円に14.6%上方修正。増益率が7.3%増→23.0%増に拡大し、27期ぶりに過去最高益を更新する見通しとなった。確定給付年金制度の廃止に伴い、退職給付制度改定益19億円を計上することが上振れの要因。
  併せて、今期の年間配当を従来計画の24円→26円(前期は24円)に増額修正した。

株探ニュース

日経平均