市場ニュース

戻る
2018年03月14日18時39分

【市況】14日の日本国債市場概況:債券先物は150円67銭で終了


<円債市場>
長期国債先物2018年6月限
寄付150円71銭 高値150円73銭 安値150円66銭 引け150円67銭
売買高総計18578枚

2年 386回 -0.150%
5年 134回 -0.105%
10年 350回 0.045%
20年 163回 0.530%

債券先物6月限は、150円71銭で取引を開始。前日のNY市場でティラーソン米国務長官の解任を受けて米長期金利が低下した流れを引き継ぎ、買いが先行して150円73銭まで上げた。その後、日銀が実施した国債買い入れオペで、1-3年の応札倍率が高かったことを受けて売りが優勢になり、150円66銭まで下げた。現物の取引では、2年債と5年債が売られ、10年債と20年債が買われた。

<米国債概況>
2年債は2.25%、10年債は2.84%、30年債は3.09%近辺で推移。
債券利回りは横ばい。(気配値)

<その他外債市況・10年債>
ドイツ国債は0.61%、英国債は1.48%で推移、オーストラリア10年債は2.74%、NZ10年債は2.91%。(気配値)


[本日の主要政治・経済イベント]
・19:00 ユーロ圏・1月鉱工業生産(前月比予想:-0.5%、12月:+0.4%)
・20:00 米・MBA住宅ローン申請指数(先週)(前回:+0.3%)
・21:30 米・2月小売売上高(前月比予想:+0.3%、1月:-0.3%)
・21:30 米・2月生産者物価指数(前月比予想:+0.1%、1月:+0.4%)
・23:00 米・1月企業在庫(前月比予想:+0.6%、12月:+0.4%)

《KK》

 提供:フィスコ
お気に入りを追加しました。
x
お気に入りを削除しました。
x

日経平均