市場ニュース

戻る
2018年03月14日17時59分

【通貨】明日の為替相場見通し=米2月小売売上高など注目

ドル円 <日足> Slowストキャス 「株探」多機能チャートより
 今晩からあすにかけての外国為替市場のドル円相場は、米2月小売売上高などの経済指標が注目されそうだ。予想レンジは1ドル=106円30~107円30銭。

 前日のティラーソン米国務長官の更迭に加え、この日は米ペンシルバニア州の下院補欠選挙での民主党候補勝利を受け、ドル円相場は一時106円30銭台まで下落する場面があった。今晩は米2月小売売上高と米2月卸売物価指数(PPI)の発表が予定されている。両指標が良好な結果だった場合、ドルが107円台にレンジを切り上げることができるかが注目される。



出所:みんなの株式(minkabu PRESS)

日経平均