市場ニュース

戻る
2018年03月14日09時44分

【材料】ヴィンクスが大幅高で4連騰、セルフレジ関連として物色人気続く

ヴィンクス <日足> 「株探」多機能チャートより
 ヴィンクス<3784>は全体軟調相場のなかも急騰モード全開、大幅高で4連騰となり、連日の実質上場来高値更新と気を吐いている。前日までの3営業日でストップ高2回を交え株価は63%強の値上がりをみせていたが、なお上値指向が強い。同社はイオングループ向けを主力に小売・流通向けシステム開発を手掛けている。無人店舗向けレジの技術開発に取り組んでおり、前週に国内大手ドラッグストアが2025年までにすべての店舗で無人レジを導入する方針と伝わったことから、セルフレジ関連の有力株としてマーケットの注目を集めている。2月末の株主を対象に1株を2株にする株式分割を実施したことで、流動性が高まっていることも物色人気を助長している。

出所:みんなの株式(minkabu PRESS)

お気に入りを追加しました。
x
お気に入りを削除しました。
x

日経平均