市場ニュース

戻る
2018年03月14日08時39分

【経済】仮想通貨取引交換所は精査の対象で、規制の前兆である


デジタルマネーを取引するプラットフォームを運営している者にとっては、本当に緊張を強いられる時代である。
米証券取引委員会は、「デジタル資産取引の不法なオンラインプラットフォーム」が、投資家にとっては、米証券取引委員会に登録され、規制されている市場に見えているのではないか、という点に懸念を表明している。だから、米証券取引委員会は、投資家のためにも仮想通貨取引交換業者は米証券取引委員会に登録すべきだと主張している。
今のところ、米証券取引委員会が仮想通貨取引交換市場を取り締まる権限はない。しかし、ワシントンのPaulHastings法律事務所の弁護士であるDinaEllisRochkind氏は、ロイター通信に対し、米証券取引委員会の声明は、「不法に運営し、市場を操作している可能性がある多数のプラットフォームを規制する前兆である、と述べている。
東京に拠点を置くコインクチェックが3億5900万ドルの仮想通貨を奪われたことで、日本の金融当局は7つの仮想通貨取引所の行政処分を行い、なかでも2社には業務停止命令を行った。米国の金融監督当局はすでに、世界で最も人気のある取引所のひとつであるBitfinexを召喚した。米証券取引委員会の行動は多くの人々から期待されているように見える。しかも、すぐ行動に移すべきだと見られているようだ。
出典:MITTechnologyReview


【ニュース提供・エムトレ】

《HT》

 提供:フィスコ

日経平均