市場ニュース

戻る

【経済】Binanceがハッカーの逮捕に25万米ドルの賞金を提供


ついに、世界の仮想通貨取引交換所がハッカー対策に乗り出した。ハッカーを逮捕した者には一定の賞金を献上するというものだ。
仮想通貨取引交換業者のBinanceは、3月7日に起きたハッキングの事件に関係するハッカーの逮捕に、25万米ドル相当の報奨金を提供すると、3月11日に発表した。
今回の発表によれば、法的拘束の対象となる情報を最初に提供する者は、賞金としてBinanceCoin(BNB)の受け取ることになる。BinanceCoin(BNB)は、Binanceの取引所で取引され、使用することができる。
最終的な逮捕につながる情報源が複数ある場合、奨励金は情報提供者の間で山分けにされる。
Binanceは発表のなかで、仮想通貨の共同体における犯罪と非倫理的行動に取り組むためには、協調的な努力が必要であり、重要であることを強調している。
「安全な仮想通貨共同体を確保するために、単に防衛をするだけではダメである。実際にハッキングが発生する前に、ハッキングの事例を積極的に防ぎ、事後的にフォローする必要があります。3月7日のBinanceに対するハッキングの試みは成功していませんでしたが、それは大規模かつ組織的なハッキングであったことは明らかである。私たちはこうしたハッキングに対処する必要があります」
現在の奨励金に加えて、Binanceは、Binanceに対するいかなるハッキングの試みに備えて、将来の賞金賞として、1000万米ドルの仮想通貨備金を割り当てている。
Binanceの声明のなかで、世界の仮想通貨交換業者に対して、この決断に追随してもらうよう求めている。「あなたの資金を守ることは常に最優先事項です!」と付け加えた。
Binanceは、2018年3月8日に取引所を再開している。
出典:Cointelegraph


【ニュース提供・エムトレ】

《HT》

 提供:フィスコ

日経平均