市場ニュース

戻る
2018年02月14日11時38分

【市況】概況からBRICsを知ろう~上海総合指数は値上がり、中国人民銀行の金融スタンスを好感

上海総合 <日足> 「株探」多機能チャートより

【ロシア】MICEX指数 2250.63 +1.37%
13日のロシア株式市場は続伸。主要指標のMICEX指数は前日比30.51ポイント高(+1.37%)の2250.63で取引を終了した。2220.69から2250.63まで上昇した。

買いが先行した後は上げ幅をじりじりと拡大させた。海外市場の上昇が好感され、ロシア株にも買いが広がった。また、インフレ率の鈍化観測も支援材料。1月の消費者物価指数(CPI)上昇率(前年同月比)は前月の2.5%から2.2%まで鈍化し、今年6月までには2.0%まで低下すると予測されている。

【インド】休場

【中国本土】上海総合指数 3184.96 +0.98%
13日の上海総合指数は値上がり。主要指標の上海総合指数は、前日比30.83ポイント高(+0.98%)の3184.96ポイントと続伸した。

中国人民銀行(中央銀行)の金融スタンスを好感。人民銀は13日、金融政策ツールの「中期流動性ファシリティ(MLF)」を通じ、合計3930億人民元(約6兆7500億円)を市場に供給したと発表した。春節前後は例年、金融市場の流動性がひっ迫しがちなため、一定額の資金供給を行ったとみられている。新規融資の伸びもプラス。今年1月の元建て新規融資額は予想を上回り、過去最大を記録した。また、株価下支えのため、中国証券監督管理委員会が「口先介入」に乗り出した??と伝えられたことも引き続き材料視されている。下値不安が薄らぐ格好だ。

《NH》

 提供:フィスコ
お気に入りを追加しました。
x
お気に入りを削除しました。
x

日経平均