市場ニュース

戻る
2018年01月17日11時40分

【注目】話題株ピックアップ【昼刊】:北の達人、ブロンコB、キーエンス

北の達人 <日足> 「株探」多機能チャートより
■北の達人 <2930>  2,248円  +174 円 (+8.4%)  11:30現在  東証1部 上昇率6位
 北の達人コーポレーション <2930> が昨日まで2日続けてストップ高したのに続き、この日も大きく買われ連日で上場来高値を更新している。同社は主力の「カイテキオリゴ」をはじめ、自社開発した健康美容食品や化粧品のインターネット販売を手掛ける。12日に業績上方修正と配当増額を発表しており、これを評価する買いが続いている。18年2月期の経常利益(非連結)を従来予想の7.7億円→14.1億円に81.9%上方修正し、従来の2期連続での過去最高益予想をさらに上乗せした。集客体制の強化が奏功し販売が拡大するなか、広告の自社運用化で新規顧客獲得の効率性が向上し、広告宣伝費が想定を大幅に下回ることが上振れの要因としている。業績好調を踏まえ、今期の年間配当を従来計画の5.5円→8円に増額修正した。

■ブロンコビリー <3091>  3,560円  +175 円 (+5.2%)  11:30現在
 16日、ステーキ・ハンバーグ専門店を展開するブロンコビリー <3091> が決算を発表。17年12月期の経常利益(非連結)は前の期比10.4%減の25.1億円になったものの、続く18年12月期は前期比19.2%増の30億円に拡大し、2期ぶりに過去最高益を更新する見通しとなったことが買い材料視された。前期は売上原価や販管費の増加などが響き、8期ぶりの減益に沈んだ。今期は関東や関西を中心に15店舗の新規出店を計画し、14.8%の大幅増収を見込む。

■帝国電機製作所 <6333>  1,649円  +57 円 (+3.6%)  11:30現在
 帝国電機製作所<6333>が4連騰し、昨年来高値を更新している。きょう付の化学工業日報で「国内外のポンプ事業で受注拡大を見込む」と報じられており、これを好材料視した買いが入っているようだ。記事によると、今年は国内でエチレン製造設備の半分が定期修理を計画されており、メンテナンス需要などが期待されているほか、高機能製品シフトにともなう増設や改造需要の取り込みに力を入れているという。また、海外では米国でシェール由来の石油化学誘導品プラントの立ち上がりや中国の石化投資の復調などの取り込みを急ぐとしている。

■ウエルシア <3141>  4,590円  +155 円 (+3.5%)  11:30現在
 ウエルシアホールディングス <3141> が全般軟調相場に逆行し、大幅続伸している。16日、株主優待制度の一部を変更すると発表しており、これを好感する買いが入っているようだ。同社は100株以上を保有する株主に対し、ウエルシアグループ店舗で利用できる株主優待券を贈呈している。今回、株主優待券を利用できない株主に対する代替品について、通販サイト「ウエルシアドットコム」でTポイントが利用できるように変更した。また、代替品を見直し、「栄養ドリンク」と「WEB利用券」を廃止する一方、新たに「カタログギフト」を追加した。

■ツガミ <6101>  1,749円  +47 円 (+2.8%)  11:30現在
 ツガミ<6101>が全般地合い悪の間隙を縫って5日続伸、連日の上場来高値更新と気を吐いている。同社は自動旋盤や研削盤などの工作機械に強く、省人化投資の進む中国向けで高水準の需要を捉えている。きょう寄り前に発表された11月の機械受注統計は前月比5.7%増と、減少を見込んでいた市場コンセンサスを上回ったことで設備投資関連銘柄へのマークが強まっている。また、15日に発表された12月の工作機械受注は前年同月比48%増で1600億円を単月で初めて上回っており、追い風は強い。同社の18年3月期営業利益は前期比95%増の60億円を見込んでいるが、一段の上振れ期待がある。

■ディスコ <6146>  27,040円  +720 円 (+2.7%)  11:30現在
 ディスコ<6146>が続伸している。きょう付の日本経済新聞で「2017年4~12月期の連結営業利益は、前年同期比9割増の400億円程度になったようだ」と報じられており、会社側の従来予想である366億円を上回り、同期間として2年ぶりに最高益を更新するとの観測が好材料視されているようだ。記事によると、半導体需要の活況を受けて、切断装置や研磨装置の販売が伸びたほか、利幅の厚い消耗品の販売も好調だったという。なお、決算発表は2月6日を予定している。

■GMO-PG <3769>  9,950円  +250 円 (+2.6%)  11:30現在
 GMOペイメントゲートウェイ<3769>は3日続伸し、実質上場来高値を更新している。16日の取引終了後、総合決済サービス「PGマルチペイメントサービス」で、米グーグル社のオンライン決済サービス「Google Pay API」を追加し、1月末からEC事業者へ向けて提供を開始すると発表しており、業績への貢献を期待した買いが入っている。「PGマルチペイメントサービス」は、クレジットカード決済をはじめとするさまざまな決済手段を一括して提供する総合決済サービス。今回、「Google Pay API」を追加することで、利用者のさらなる利便性向上につながると期待されている。

■物語コーポレーション <3097>  10,200円  +210 円 (+2.1%)  11:30現在
 物語コーポレーション <3097> が全般軟調相場に逆行し3日続伸。16日に発表した12月の既存店売上高は前年同月比4.4%増と10ヵ月連続で前年実績を上回っており、これを好感する買いが向かった。伸び率は全部門で前年比プラスを達成した。主力の焼肉部門が6.4%増、ラーメン部門が0.7%増、ゆず庵部門は3.9%増だった。また、全店舗の売上高は新店効果もあり、16.4%増に拡大している。

■キーエンス <6861>  70,970円  +1,230 円 (+1.8%)  11:30現在
 キーエンス<6861>が続伸、全体軟調相場をものともせず上値追い態勢を強め、株式分割後修正値で初の7万円大台乗せを果たした。時価総額は8兆6000億円台で東証1部第6位に入っており、7位の三井住友フィナンシャルグループ<8316>との差をさらに広げている。世界的な設備投資拡大の流れを受け同社が手掛けるFA用センサー需要が拡大、特にこれからはあらゆるものをネット接続するIoT時代の本格到来を受け、センサー需要は加速的に伸びることが予想されており、これが同社の評価につながっている。国内大手証券がロボット関連株で構成する脱分配型の投資信託を運用、好調に純資産残高を膨らませ注目を集めているが、その立役者が同社株だ。世界的な電気自動車(EV)シフトの動きを背景にリチウムイオン電池需要が急増しており、同社は中国のリチウムイオン電池製造ライン向けセンサーが足もとの業績を押し上げている。

■スクエニHD <9684>  5,650円  +80 円 (+1.4%)  11:30現在
 スクウェア・エニックス・ホールディングス<9684>が3日続伸し昨年来高値を更新。子会社スクウェア・エニックスが16日、「FINAL FANTASY XV ROYAL EDITION」(対応機種:プレイステーション4、Xbox One)および「FINAL FANTASY XV WINDOWS EDITION」(対応機種:Windowsパソコン)を3月6日に発売すると発表しており、業績への期待から買いが入っているようだ。「FINAL FANTASY XV ROYAL EDITION」は「FFXV」本編に加えて、これまで配信されてきた6つのダウンロードコンテンツや特典アイテムを収録したのが特徴。一方、「FINAL FANTASY XV WINDOWS EDITION」はNative 4K(最大8K)およびHDR10に対応し、超高精細な映像が表現された点が特徴としている。

■資生堂 <4911>  5,835円  +83 円 (+1.4%)  11:30現在
 資生堂<4911>が全般悪地合いのなか3日続伸したほか、ツルハホールディングス<3391>やマツモトキヨシホールディングス<3088>などドラッグストアが上昇、オリエンタルランド<4661>も頑強な動きをみせるなど、インバウンド関連株の一角が強い。前日に観光庁が発表した2017年の訪日外国人旅行消費額(速報)は前年比17.8%増の4兆4161億円で年間の過去最高額を大幅に更新、初の4兆円突破となった。また、10~12月期ベースでは1兆1400億円と前年同期比27.8%の高い伸びを示していることが確認され、投資資金の流入につながった。

■ベルーナ <9997>  1,386円  +19 円 (+1.4%)  11:30現在
 ベルーナ<9997>がしっかり。16日の取引終了後に発表した12月度の売上高(速報値)が、前年同月比13.2%増となり、17カ月連続で前年実績を上回ったことが好感されている。総合通販事業で衣料品と家具・雑貨などが前年を上回ったほか、専門通販事業でグルメやワインなどが堅調に推移した。また、ソリューション事業で封入・同梱サービス、通販代行サービスが伸長したことや、ファイナンス事業も融資残高が伸長し前年を上回ったことも寄与した。

■ヨシックス <3221>  3,490円  +35 円 (+1.0%)  11:30現在
 居酒屋チェーンを展開するヨシックス<3221>が反発している。同社は16日取引終了後に、昨年12月度の売上高を公表。既存店売上高は前年同月比2.9%増と、2カ月連続で前年実績を上回ったことが好感されているようだ。全店ベースの売上高は同27.9%増となり、今期に入り2ケタ増が継続。12月は寿司居酒屋「や台ずし」3店舗、低価格居酒屋「ニパチ」1店舗を新規出店し、総店舗数は275店舗となっている。

●ストップ高銘柄
 アスカ <7227>  1,449円  +300 円 (+26.1%) ストップ高   11:30現在
 インタートレード <3747>  451円  +80 円 (+21.6%) ストップ高   11:30現在
 大村紙業 <3953>  950円  +150 円 (+18.8%) ストップ高   11:30現在
 メディアシーク <4824>  709円  +100 円 (+16.4%) ストップ高   11:30現在
 ダイヤモンド電機 <6895>  7,740円  +1,000 円 (+14.8%) ストップ高   11:30現在
 以上、5銘柄

●ストップ安銘柄
 なし

株探ニュース
お気に入りを追加しました。
x
お気に入りを削除しました。
x

日経平均