市場ニュース

戻る
2018年01月13日17時15分

【材料】東亜バルブエンジニアリング<6466>のフィスコ二期業績予想

東亜バル <日足> 「株探」多機能チャートより

※この業績予想は2018年1月2日に執筆されたものです。最新の情報が反映されていない場合がありますのでご了承ください。

東亜バルブエンジニアリング<6466>

3ヶ月後
予想株価
1,500円

バルブの製造販売やメンテナンスを手掛ける。原発用バルブが主力。除染事業も行う。キッツと業務資本提携し、海外を強化。固定費圧縮にも力注ぐ。中計では21.9期に営業益10億円以上を目指す。17.9期は足踏み。

原発再稼働実現で再稼働に伴う特需案件が減少。工場操業度維持のため不採算受注増の懸念も。個別受注の採算は案件次第。固定費圧縮を進めるが18.9期は苦戦か。1倍割れのPBRが下支えし、株価は底堅い展開を想定。

会計期/実予/売上高/営業利益/経常利益/純利益/EPS/配当
18.9連/F予/7,850/50/90/50/22.05/30.00
19.9連/F予/8,000/200/240/140/61.74/30.00
※単位:百万円、円、F予:フィスコ予想

執筆日:2018/01/02
執筆者:JK

《DM》

 提供:フィスコ
お気に入りを追加しました。
x
お気に入りを削除しました。
x

日経平均