市場ニュース

戻る
2017年12月11日11時49分

【市況】東京株式(前引け)=小幅続伸、米株高好感も利益確定売りで上値重い

日経平均 <1分足> 「株探」多機能チャートより
 11日前引けの日経平均株価は前週末比10円12銭高の2万2821円20銭と小幅続伸。前場の東証1部の売買高概算は7億2264万株、売買代金概算は1兆1302億7000万円。値上がり銘柄数は943、対して値下がり銘柄数は994、変わらずは109銘柄だった。

 きょう前場の東京株式市場は、前週末の米国株市場でNYダウが過去最高値を更新したことなどを受けリスク選好ムードとなり、日経平均は高く始まった。しかし、その後は目先筋の利益確定売りに押され値を消す展開に。注目された米11月の雇用統計は非農業部門の雇用者数が市場コンセンサスを上回ったことはポジティブ材料だが、前週後半の2日間で日経平均は630円以上の上昇をみせたことで、いったんキャッシュポジションを高める動きが反映された。一時マイナス圏に沈む場面もあったが、2万2800円を下回る水準では出遅れた国内機関投資家などの押し目買いを誘い、前引けはプラス圏で着地している。

 個別では任天堂<7974>がしっかり、三井住友フィナンシャルグループ<8316>などメガバンクも買い優勢。ソフトバンクグループ<9984>も頑強いな値動き。ソースネクスト<4344>が値を飛ばし、鳥貴族<3193>、メディカルシステムネットワーク<4350>も値を飛ばした。石川製作所<6208>も上昇した。半面、東京エレクトロン<8035>が軟調、キーエンス<6861>も値を下げた。田淵電機<6624>が大幅安、三井ハイテック<6966>、大林組<1802>、大成建設<1801>などの下げも目立つ。

出所:みんなの株式(minkabu PRESS)

日経平均