市場ニュース

戻る
2017年11月15日11時09分

【市況】11時00分現在の日経平均株価は22184.27円で推移、寄付から下げ幅拡大、三菱UFJはもみあい

日経平均 <5分足> 「株探」多機能チャートより

11時00分現在の日経平均株価は22184.27円(前日比195.74円安)で推移している。前日の米国市場では、アジア・欧州株が概ね全面安となり、米国株にも売りが先行。税制改革への先行き懸念や原油安が上値を抑え、終日軟調推移となった。シカゴ225先物清算値は大阪比125円安の22305円となり、本日の東京市場は225先物にサヤ寄せする格好から売り先行となった。米株安に加え、市場予想を下回る結果となった7-9月期国内総生産(GDP)速報値なども嫌気された。その後、為替相場が1ドル113円40銭台と朝方より円高方向に振れて推移するなか、じりじりと下げ幅を拡大する動きがみられている。

値上がり率上位、前日に決算発表のあったオープンハウス<3288>やユニプレス<5949>などが2ケタ上昇となった。一方で、ネクシィーズ<4346>や東京窯業<5363>は大幅に下落。売買代金上位では、SUMCO<3436>、みずほ<8411>、リクルート<6098>、トヨタ自<7203>、JXTG<5020>、SUBARU<7270>、KDDI<9433>、キヤノン<7751>が下落。三菱UFJ<8306>は、好決算や自社株買いを発表するもインパクトは限定的であり、前日終値水準でのもみ合いが続く。一方で、任天堂<7974>、昭和電工<4004>、ブイ・テクノロジー<7717>、東京エレクトロン<8035>は上昇。

《SK》

 提供:フィスコ

日経平均