市場ニュース

戻る
2017年11月15日08時23分

【市況】トレードマスターラボの日経先物大作戦 (11月15日)

トレードマスターラボ 堀田勝己

「上値切り下げ、下値切り上げのボックス相場!?」

 14日のニューヨーク外国為替市場ではドルが2ヵ月で最大の下げ幅。また、米株式市場は下げ、国債は上昇した。

 本日の日経先物は、2万2300円前後で寄り付くことが想定され、上値は2万2400円を回復維持できれば2万2450円を示現、下値は2万2300円を割り込むと2万2250円を示現する可能性。

【今日の独り言】

 持論ですが、ファンダメンタルズもテクニカル指標も全てが後づけ。売られた後に、それらしい理由を言うだけのことと、テクニカルもそれに沿って動くからだ。

 株もFXも楽しいけど、“日経先物”も楽しいっすよ。“規則性”があるのと、インサイダー取引などなく“最もフェアな市場”だと思うし。

 日経先物は、昨日同様に今日も、上がれば売り、下がれば買いからのデイトレードでのスキャルピングが有効っぽいなぁ。

 できれば直近安値“2万2110円”を割り込んできてほしいけれど、今日じゃないだろうな。

◆トレードマスターラボ 堀田勝己(ほった・かつみ)
2009年、助言業登録し「トレードマスターラボ」を開始。2017年4月にはトレードマスターラボ株式会社を法人化。同社の「Livetrade225」では「トレードマスターM」の名前で登場している。

株探ニュース

日経平均