市場ニュース

戻る

【市況】米国株見通し:FOMC議事要旨に注目

NASDAQ <日足> 「株探」多機能チャートより

S&P500先物 2546.25(-2.25) (19:25現在)
ナスダック100先物 6060.50(+8.75) (19:25現在)

19:25時点のグローベックスの米株先物はS&P500先物、ナスダック100先物は小安く推移している。また、NYダウは10ドル安程度で推移。欧州市場は小幅であるが上昇して推移している。原油先物相場は小幅に上昇して推移。これらの流れを受けて、米株式市場はやや利食い優勢の展開から始まろう。

10日の米株式市場は国際通貨基金(IMF)が世界経済の成長見通しを上方修正したことや原油相場の上昇が好感され、NYダウ、ナスダックともに上昇。本格化する決算への期待感も高まってきているようである。

本日は米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨が注目される。市場が注目している低インフレに対する考え方や、12月の利上げに向けてどのような議論が行われたのかが焦点となるとみられている。ただし、足元の金融株の上昇で年内の追加利上げは織り込まれており、市場は本格化する決算に関心が向かいそうである。本日はブラックロックが決算を予定しているが、翌12日には大手行のJPモルガンチェース、シティグループ、13日にはウェルズ・ファーゴ、バンク・オブ・アメリカなどの決算発表が予定されており、注目されよう。

《KK》

 提供:フィスコ

日経平均