市場ニュース

戻る

【材料】前日に動いた銘柄 part1:ぷらっとホーム、豊和工業、パソナグループなど

ぷらっと <日足> 「株探」多機能チャートより

銘柄名<コード>⇒10日終値⇒前日比

ぷらっとホーム<6836> 3610 +370
インフォテリアとIoT分野での連携を発表。

1stコーポ<1430> 1146 -116
第1四半期決算は大幅減収減益で着地。

インフォテリア<3853> 1274 +10
ぷらっとホームが提供するIoTゲートウェイとの連携開始を発表。

サムティ<3244> 1767 -89
第3四半期決算を発表、大幅増収増益も進捗率の低さが嫌気され。

豊和工業<6203> 1647 +300
ブラックロックの大量保有が引き続き手掛かりに。

アルテック<9972> 311 +66
第3四半期好決算で通期業績予想を上方修正。

ダントーHD<5337> 200 +33
先週末から急動意、目立った材料は観測されず。

パソナグループ<2168> 1433 +206
第1四半期営業利益は大幅増益で進捗率も高く。

モリテック<5986> 569 +80
買い戻し優勢の展開か、EV関連として関心続く。

船井総研<9757> 3835 +420
東海東京証券では目標株価を引き上げている。

シュッピン<3179> 2917 +370
先週末に発表した月次動向が好材料に。

フルキャストHD<4848> 2082 +233
野村証券では投資判断を新規に買い推奨としている。

大紀アルミ<5702> 869 +33
神戸製鋼所の不正問題受けて需要シフトの思惑も。

双信電機<6938> 724 +100
引き続き豊富なテーマ性に短期資金が関心。

住友ベーク<4203> 898 +70
大和証券では投資判断を「3」から「2」へ格上げ。

オンワードHD<8016> 911 +64
上半期決算は従来予想を大幅に上回る着地となり。

安永<7271> 3505 +265
リチウムイオン電池関連の一角で10日は強い動きも。

極東貿易<8093> 375 +16
防衛関連の一角として上値追いか。

薬王堂<3385> 3355 +175
引き続き足元の好ファンダメンタルズを評価の動き。

市光工業<7244> 802 +48
ヴァレオとの提携強化による業容拡大期待根強く。

西松建設<1820> 3360 +165
10日は建設セクターの強い動きが目立っており。

フィードワン<2060> 299 +9
マグロ養殖関連として押し目買いの動きにも。

日本カーボン<5302> 4620 +220
貸借倍率0.2倍台など買い戻しが優勢か。

JPHD<2749> 410 +19
政策関連の本命銘柄の一角として関心が続く。

神戸鋼<5406> 1068 -300
アルミ・銅製品についてのデータ改ざんが明らかとなり。

神鋼商事<8075> 3230 -700
神戸製鋼所のデータ改ざん問題を受けて。

エスクローAJ<6093> 2997 -523
6-8月期の収益鈍化をマイナス視へ。

三井松島産業<1518> 1393 -151
通期業績予想の下方修正を発表している。

日本高周波鋼業<5476> 1056 -93
神戸製鋼所グループとして売り圧力が波及。

日本フイルコン<5942> 839 -34
先週は好業績評価で一段高の展開になったが。

《DM》

 提供:フィスコ
【関連記事・情報】

日経平均