市場ニュース

戻る

【市況】マザーズ先物見通し:リバウンドが試される

パークシャ <日足> 「株探」多機能チャートより

本日のマザーズ先物は、先週の調整に対する自律反発が意識される。北朝鮮情勢への緊張が重しとなるなか、インデックスに絡んだ主力大型株への物色も手控えられやすく、中小型株に値幅取り狙いの資金が向かいやすい面がありそうだ。同指数は25日線が支持線として意識されていることも、リバウンドを意識させる。一方で、5日線のほか、一目均衡表の雲下限が抵抗として意識されやすい。雲下限は切り下がりをみせてくるため、これを抵抗とした売り仕掛けも意識されやすい。もっとも、これをクリアしてくると、遅行スパンは上方シグナルを発生させてくる。現物ではPKSHA<3993>のインパクトもあり、リバウンドが試されよう。
《TM》

 提供:フィスコ

日経平均