市場ニュース

戻る

【特報】話題株先取り【寄り付き】(3):小島鉄、キャリアL、Fブラザーズなど

小島鉄 <日足> 「株探」多機能チャートより
■小島鉄工所 <6112>  119円  -7 円 (-5.6%)  09:07現在
 6日に決算を発表。「12-8月期(3Q累計)経常が赤字拡大で着地・6-8月期は赤字転落」が嫌気された。
 小島鉄工所 <6112> [東証2] が10月6日大引け後(15:15)に決算を発表。17年11月期第3四半期累計(16年12月-17年8月)の経常損益(非連結)は9200万円の赤字(前年同期は3900万円の赤字)に赤字幅が拡大した。
  ⇒⇒小島鉄工所の詳しい業績推移表を見る

■キャリアリンク <6070>  565円  -15 円 (-2.6%)  09:07現在
 6日に決算を発表。「上期経常が40%減益で着地・6-8月期も43%減益」が嫌気された。
 キャリアリンク <6070> が10月6日大引け後(16:00)に決算を発表。18年2月期第2四半期累計(3-8月)の連結経常利益は前年同期非連結比40.3%減の3.3億円に落ち込み、通期計画の7億円に対する進捗率は47.3%にとどまり、5年平均の56.5%も下回った。
  ⇒⇒キャリアリンクの詳しい業績推移表を見る

■ファーストブラザーズ <3454>  1,109円  +24 円 (+2.2%)  09:07現在
 6日に発表した「株主優待制度を新設」が買い材料。
 株主優待制度を新設。毎年11月末時点で100株以上を保有する株主を対象にクオカードを贈呈。100株以上200株未満を1年以上継続保有で2000円分、200株以上を1年以上継続保有で4000円分、上記に該当しない株主には1000円分の贈呈となる。

■鎌倉新書 <6184>  1,613円  +31 円 (+2.0%)  09:07現在
 6日に発表した「10日付で貸借銘柄に選定」が買い材料。
 東証が10日付で貸借銘柄に選定。株式流動性の向上による売買活性化が期待される。

■ライフネット生命保険 <7157>  374円  +7 円 (+1.9%)  09:07現在
 6日に発表した「9月新契約件数は56.6%増」が買い材料。
 9月新契約件数は前年同月比56.6%増の3228件だった。

■カイオム <4583>  391円  +6 円 (+1.6%)  09:07現在
 6日に発表した「DLK-1抗体に関する欧州特許付与決定」が買い材料。
 「ヒト化DLK-1抗体」に関する欧州特許付与の決定通知を受けた。

■創通 <3711>  2,538円  +38 円 (+1.5%)  09:07現在
 6日に決算を発表。「今期経常は5%増益、2円増配へ」が好感された。
 創通 <3711> [JQ] が10月6日大引け後(15:00)に決算を発表。17年8月期の連結経常利益は前の期比15.2%減の29.6億円になったが、18年8月期は前期比5.5%増の31.3億円に伸びる見通しとなった。
  ⇒⇒創通の詳しい業績推移表を見る

■トライステージ <2178>  553円  -14 円 (-2.5%)  09:07現在
 6日に業績修正を発表。「上期経常を一転赤字に下方修正」が嫌気された。
 トライステージ <2178> [東証M] が10月6日大引け後(17:00)に業績修正を発表。18年2月期第2四半期累計(3-8月)の連結経常損益を従来予想の6.3億円の黒字→0.7億円の赤字(前年同期は8.3億円の黒字)に下方修正し、一転して赤字見通しとなった。
  ⇒⇒トライステージの詳しい業績推移表を見る

■サマンサJP <7829>  457円  -7 円 (-1.5%)  09:07現在
 6日に業績修正を発表。「今期経常を一転84%減益に下方修正」が嫌気された。
 サマンサタバサジャパンリミテッド <7829> [東証M] が10月6日大引け後(17:50)に業績修正を発表。18年2月期の連結経常利益を従来予想の6億2900万円→7000万円(前期は4億4500万円)に88.9%下方修正し、一転して84.3%減益見通しとなった。
  ⇒⇒サマンサJPの詳しい業績推移表を見る

■Jフロント <3086>  1,617円  +22 円 (+1.4%)  09:07現在
 6日に業績修正を発表。「上期税引き前を一転21%増益に上方修正・2期ぶり最高益、通期も増額」が好感された。
 J.フロント リテイリング <3086> が10月6日大引け後(15:00)に業績修正(国際会計基準=IFRS)を発表。18年2月期第2四半期累計(3-8月)の連結税引き前利益を従来予想の213億円→259億円(前年同期は213億円)に21.3%上方修正し、一転して21.2%増益を見込み、一気に2期ぶりに上期の過去最高益を更新する見通しとなった。
  ⇒⇒Jフロントの詳しい業績推移表を見る

株探ニュース

日経平均