市場ニュース

戻る

【市況】10日の株式相場見通し=米株安を受け売り先行のスタート

NYダウ <日足> 「株探」多機能チャートより
 10日の東京株式市場は、前日9日の米株式市場で主要株価指数が揃って小幅安となったことを受け、売り先行のスタートとなりそうだ。10日早朝の東京外国為替市場は、1ドル=112円60銭台での推移となっている。

 9日の米株式市場では、NYダウ平均株価が前週末比12.60ドル安の2万2761.07ドルと小幅続落した。9日はコロンバスデーの祝日で、債券、外国為替両市場は休場のため、市場参加者が少なく、積極的な売買は手控えられた。NYダウ平均株価は、取引時間中に一時、過去最高値を更新する場面があったものの、その後は前週末終値を挟んでの小動きに終始した。ナスダック総合株価指数は、前週末比10.449ポイント安の6579.731と10日ぶりに反落した。

 日程面では、衆院選公示、8月の国際収支、9月の景気ウォッチャー調査、黒田日銀総裁が支店長会議で挨拶に注目。海外では、北朝鮮の朝鮮労働党創建記念日が焦点となる。(冨田康夫)

出所:みんなの株式(minkabu PRESS)

【関連記事・情報】

日経平均