市場ニュース

戻る

【材料】サンコール<5985>のフィスコ二期業績予想

サンコール <日足> 「株探」多機能チャートより

※この業績予想は2017年10月4日に執筆されたものです。最新の情報が反映されていない場合がありますのでご了承ください。

サンコール<5985>

3ヶ月後
予想株価
800円

弁ばねなどの自動車精密部品が主力。HDD用サスペンションやプリンタ関連部品なども。伊藤忠が筆頭株主。中計では20.3期に売上500億円、営業利益率10%を目指す。18.3期1Qは二桁増収も営業利益足踏み。

自動車部品は海外需要が堅調。メキシコ子会社の本格量産開始も効く。プリンタ関連部品は低調だが、HDD用サスペンションは新製品が伸びる。18.3期は増収・大幅増益を予想。BPR1倍割れ。株価は高値追いを想定。

会計期/実予/売上高/営業利益/経常利益/純利益/EPS/配当
18.3連/F予/41,500/2,700/2,600/2,000/62.96/18.00
19.3連/F予/44,000/3,000/2,900/2,200/69.21/18.00
※単位:百万円、円、F予:フィスコ予想

執筆日:2017/10/04
執筆者:JK

《FA》

 提供:フィスコ
【関連記事・情報】

日経平均