市場ニュース

戻る

【通貨】今日の為替市場ポイント:◆ユーロ編◆スペイン政治不安で132円台半ば近辺で上げ渋る状態が続くか

ユーロ円 <日足> Slowストキャス 「株探」多機能チャートより

ユーロ・ドルは、1.1714ドル(2015/8/24)まで反発した後に1.0341ドル(2017/01/03)まで下落したが、欧州中央銀行(ECB)は9月の理事会で金融緩和策縮小を検討するとの思惑などで1.2092ドル(2017/08/29)まで上昇した。ユーロ・円は、英国民投票でEUからの離脱が決定し、一時109円57銭(2016/06/24)まで急落。その後114円85銭(2017/04/17)から134円41銭(2017/09/22)まで買われたが、スペイン・カタルーニャ自治州の独立問題を巡ってユーロの上値は重くなっている。


本日9日のユーロ・円は、132円前後で推移か。スペインの政治不安は払拭されていないため、新たな円売り材料が提供されない場合、ユーロの対円レートは132円台半ば近辺で上げ渋る状態が続くとみられる。

【ユーロ売り要因】
・スペイン・カタルーニャ自治州などのユーロ圏諸国の政治不安
・米税制改革協議の進展
・ECBはユーロ高を懸念しているとの見方

【ユーロ買い要因】
・ECBは10月にもQE縮小計画を発表する見込み
・ユーロ圏の景況感改善
・ユーロ圏のインフレ鈍化懸念はやや後退

《MK》

 提供:フィスコ

日経平均