市場ニュース

戻る
2017年09月26日08時01分

【市況】伊藤智洋が読む「日経平均株価・短期シナリオ」 (9月26日記)

日経平均 <日足> 「株探」多機能チャートより

 日経平均株価は、昨晩の円高NYダウの下げから、寄り付き値で22日の安値2万0249円を試す展開になる公算です。

 本日までの動きなら、まだ勢いの強い上昇の途中だと見ることができます。

 強気の展開になるなら、本日は寄り付き後、すんなりと上昇するか、2万0249円を終値で維持して、夜間の先物から上昇する動きになって、明日、上離れる動きを経過して上昇を開始するかのどちらかになるはずです。

 一方で、寄り付き後に価格が下げて、2万0249円を割れると、短期の天井型を形成する動きになるので、そのまま下げが勢いづくことも考えられます。

 本日は、寄り付き後に上げるなら、そのまま戻り高値を目指す展開を考えておき、寄り付き後に下げるなら、下げ幅が大きくなるか、2万0249円を終値で維持する格好になるかのどちらかを考えておきます。


情報提供:パワートレンド=伊藤智洋のPower Trend

【伊藤智洋 プロフィール】
1996年に投資情報サービス設立。メールマガジン、株価、商品、為替の市況をネット上で配信中。「株の値動きは4回のうち3回当てられる」(KADOKAWA)など著書多数。

◆伊藤智洋の最新刊◆ 17年5月25日発売
「儲かる! 相場の教科書 ローソク足チャート 究極の読み方・使い方」(日本実業出版社)。

株探ニュース

日経平均