市場ニュース

戻る

【材料】ジーンテクノは後場カイ気配スタート、新規メカニズムに基づく新規抗体の特許を出願

ジーンテクノ <日足> 「株探」多機能チャートより
 ジーンテクノサイエンス<4584>は後場カイ気配でスタート。前引け後に、新規メカニズムに基づく新生血管形成を阻害する画期的な新規抗体医薬品の候補抗体(開発コード「GND-004」)の創出に成功し、特許を出願したと発表しており、これを好材料視した買いが入っている。

 今回の新規抗体の創出は、信州大学大学院の新藤隆行教授の研究グループおよび理化学研究所の横山茂之上席研究員の研究グループとの共同研究の成果で、Gタンパク質共役型受容体シグナルを標的とし、血管増殖性ペプチドによる細胞内サイクリックAMP増加活性および新生血管形成を抑制する抗体を作製したというもの。この抗体は、近年、日本国内でも患者数が増加している滲出型加齢黄斑変性症と呼ばれる眼疾患への治療効果が期待されるほか、がん領域における抗腫瘍効果も同様に期待できるとしており、同社のバイオ新薬事業の新たな医薬品候補と位置づけているという。

出所:みんなの株式(minkabu PRESS)

日経平均