市場ニュース

戻る
2017年09月05日10時37分

【材料】任天堂が続落で一時3万6000円台割り込む、売買代金は東証1部断トツ

任天堂 <日足> 売買代金 「株探」多機能チャートより
 任天堂<7974>が続落、一時900円を超える下げで7日ぶりに3万6000円台を割り込んだ。売買代金は東証1部上場企業のなかで断トツであり、午前10時半過ぎ時点で400億円弱をこなし全般薄商いのなか短期資金の売買が活発だ。「ニンテンドースイッチ」は売れ行き好調で依然として品薄状態が続いているが、全般有事リスクが意識される相場で、目先利益確定の動きが強まった。

出所:みんなの株式(minkabu PRESS)

日経平均