市場ニュース

戻る
2017年08月29日13時25分

【材料】山王が大幅高で4連騰、特許取得材料に株価は初動時から短期間で倍化

山王 <日足> 「株探」多機能チャートより
 山王<3441>は大幅高で4連騰、前日まで2日連続のストップ高を演じるなど全体相場とは無縁の強力な上昇波を形成している。8月中旬以降、押し目を形成することなく一気の上昇をみせており、きょうは前場に235円高の1680円まで買われる場面があった。

 金属処理の表面加工を手掛けるが、市場拡大の続くスマートフォンや電装化が進む自動車向けで需要を確保、17年7月期は営業、経常、最終損益ともに黒字化する見通し。24日取引終了後に、産業技術総合研究所と実用化に向け研究・開発を進めてきた「銀めっきアクリル粒子」を製造するための基本技術である「導電性微粒子及び導電性微粒子の製造方法」について特許を取得したことを発表、投機資金の攻勢が加速した。株価は初動時から既に倍化している。

出所:みんなの株式(minkabu PRESS)

日経平均