市場ニュース

戻る
2017年08月15日10時59分

【材料】平山HDが大幅反発、18年6月期は営業利益4倍見通し

平山 <日足> 「株探」多機能チャートより
 平山ホールディングス<7781>が大幅反発し、一時、前日比138円(11.6%)高の1329円まで買われている。14日の取引終了後に発表した18年6月期の連結業績予想で、売上高131億円(前期比12.5%増)、営業利益1億6000万円(同4.0倍)、純利益2億円(同36.0%増)と大幅増益を見込むことが好感されているようだ。

 インソーシング事業で既存取引先での増産に対応する一方、製造派遣を中心に新規取引先の開拓を進め売り上げの伸長を図るほか、技術者派遣事業で実績のある外国籍技術者の採用を拡大し業績を伸ばすとしている。

 なお、17年6月期決算は、売上高116億4200万円(前の期比19.4%増)、営業利益3900万円(同68.9%減)、純利益1億4700万円(同10.2倍)だった。アウトソーシング事業が自動車・輸送機器関連、住設関連、食品関連分野を中心に堅調に推移したことが寄与し、従来予想の営業利益3000万円を上回って着地した。

出所:みんなの株式(minkabu PRESS)

日経平均