市場ニュース

戻る

【材料】トランスGが後場カイ気配スタート、関連会社がエクソソーム糖鎖解析サービスを開始

トランスG <日足> 「株探」多機能チャートより
 トランスジェニック<2342>が後場カイ気配スタートとなっている。この日正午ごろ、関連会社の医化学創薬が、エクソソーム糖鎖解析サービスを開始すると発表しており、これを好材料視した買いが入っている。

 エクソソームとは、生体内の細胞や培養中の細胞によって産生され、体液や培養上清中に放出される直径数10ナノメートルから200ナノメートル程度の細胞外小胞体。がん細胞から分泌されるエクソソームを選別することができれば、がんの早期発見につながる可能性があるが、早期発見のためにはエクソソームにおけるバイオマーカーが必要となり、この候補として糖鎖をはじめとしたいくつかの分子が挙げられているという。

 今回、医化学創薬がエクソソーム糖鎖解析サービスを開始するのは、保有する糖鎖解析技術がエクソソーム研究の発展に役立つと判断したためという。なお、サービス開始は7月中を予定している。

出所:株経ONLINE(株式会社みんかぶ)

日経平均