市場ニュース

戻る

【特報】話題株先取り【寄り付き】:リミックス、医学生物、キタックなど

リミックス <日足> 「株探」多機能チャートより
■リミックスポイント <3825>  347円  +32 円 (+10.2%)  09:07現在
 22日に発表した「ピーチアビエーションと業務提携」が買い材料。
 子会社ビットポイントジャパンが日本最大級の格安航空会社ピーチ・アビエーションと仮想通貨決済サービスの展開などで業務提携。フライトから現地での買い物、宿泊、飲食までをビットコインでする旅を企画。

■医学生物学研究所 <4557>  495円  +24 円 (+5.1%) 特別買い気配   09:07現在
 22日に発表した「シンガポール研究室と共同研究」が買い材料。
 シンガポール科学技術研究庁の研究室、p53 Laboratoryと共同研究契約。タンパク質間相互作用を標的とした革新的な創薬対策技術の確立を目指す。

■キタック <4707>  312円  +24 円 (+8.3%) 特別買い気配   09:07現在
 22日に業績修正を発表。「上期経常を一転23%増益に上方修正」が好感された。
 キタック <4707> [JQ] が5月22日大引け後(15:00)に業績修正を発表。17年10月期第2四半期累計(16年11月-17年4月)の経常利益(非連結)を従来予想の1.8億円→2.2億円(前年同期は1.8億円)に23.2%上方修正し、一転して22.6%増益見通しとなった。
  ⇒⇒キタックの詳しい業績推移表を見る

■Jストリーム <4308>  549円  +30 円 (+5.8%) 特別買い気配   09:07現在
 22日に発表した「動画の文字情報検出システムで特許」が買い材料。
 動画データに表示される文字情報を高精度に検出するシステムに関する国内特許を取得。

■アイロムグループ <2372>  1,304円  +42 円 (+3.3%)  09:07現在
 22日に発表した「豪で脂肪細胞製造技術の特許査定」が買い材料。
 子会社IDファーマが多能性幹細胞から褐色脂肪細胞を製造する技術のオーストラリアにおける特許査定を取得。今回特許査定を受けたのは、iPS細胞などの多能性幹細胞を試験管内で褐色脂肪細胞に分化させるもので、大量にヒト褐色脂肪細胞を作り出すことができる技術に関するもの。

■日本パワーファスニング <5950>  228円  +27 円 (+13.4%)  09:07現在
 22日に発表した「3.0%を上限に自社株買いを実施」が買い材料。
 発行済み株式数(自社株を除く)の3.0%にあたる50万株(金額で1億0050万円)を上限に、23日朝の東証の自己株式立会外買付取引「ToSTNeT-3」で自社株買い(買い付け価格は22日終値の201円)を実施する。

■鶴弥 <5386>  462円  +15 円 (+3.4%)  09:07現在
 22日に発表した「壁材の屋根材利用工法を開発開始」が買い材料。
 壁材「スーパートライWall」を屋根材として利用を可能にする工法の開発を開始。

■丸千代山岡家 <3399>  1,208円  +34 円 (+2.9%)  09:07現在
 22日に発表した「株主優待制度を拡充」が買い材料。
 株主優待制度を拡充。100株以上保有株主へ贈呈する優待品を、割引券(640円相当)→ラーメン1杯の引換券(430円~1070円相当)に変更する。

■アジア開発キャピタル <9318>  9円  -1 円 (-10.0%)  09:07現在
 22日に決算を発表。「前期経常は赤字縮小で着地、今期業績は非開示」が嫌気された。
 アジア開発キャピタル <9318> [東証2] が5月22日大引け後(15:00)に決算を発表。17年3月期の連結経常損益は7600万円の赤字(前の期は4億5800万円の赤字)に赤字幅が縮小し、11期連続赤字となった。なお、18年3月期の業績見通しについては配当(無配)以外は開示しなかった。
  ⇒⇒アジア開発キャピタルの詳しい業績推移表を見る

■ケアネット <2150>  1,670円  -93 円 (-5.3%)  09:07現在
 22日に発表した「東証が信用規制」が売り材料。
 東証と日証金が23日売買分から信用取引に関する臨時措置を実施する。東証は委託保証金率を現行の30%以上→50%以上(うち現金を20%以上)に、日証金も同様に貸借取引自己取引分などの増担保金徴収率を現行の30%→50%(うち現金を20%)とする。

■ゼネラル・オイスター <3224>  1,315円  -49 円 (-3.6%)  09:07現在
 22日に決算を発表。「前期は債務超過に転落、前期最終は赤字拡大で下振れ着地、今期業績は非開示」が嫌気された。
 ゼネラル・オイスター <3224> [東証M] が5月22日大引け後(19:00)に決算を発表。17年3月期の連結最終損益は7億4400万円の赤字(前の期は4億8600万円の赤字)に赤字幅が拡大し、従来予想の1億3400万円の赤字を下回って着地。なお、18年3月期の業績見通しについては配当(無配)以外は開示しなかった。
  ⇒⇒ゼネラル・オイスターの詳しい業績推移表を見る

■ゼニス羽田 <5289>  289円  +5 円 (+1.8%)  09:07現在
 22日に発表した「鶴見コンクリートと資本提携」が買い材料。
 3月に業務提携した鶴見コンクリートと資本面でも提携。議決権ベースで20.7%の株式を取得し持分法適用関連会社化する。

■イー・ギャランティ <8771>  2,536円  +42 円 (+1.7%)  09:07現在
 22日に発表した「沖縄損保代理店のエッカ商事と提携」が買い材料。
 沖縄で損害保険代理業を手掛けるエッカ商事と、同社が展開する売掛債権保証サービスの紹介で業務提携。

■ラクオリア創薬 <4579>  798円  -18 円 (-2.2%)  09:07現在
 22日に発表した「東証が信用規制」が売り材料。
 東証と日証金が23日売買分から信用取引に関する臨時措置を実施する。東証は委託保証金率を現行の30%以上→50%以上(うち現金を20%以上)に、日証金も同様に貸借取引自己取引分などの増担保金徴収率を現行の30%→50%(うち現金を20%)とする。

株探ニュース

日経平均