市場ニュース

戻る
2017年05月19日09時34分

【市況】日経平均は反発でスタート、ソフトバンクGやメガバンクが堅調/寄り付き概況

日経平均 <5分足> 「株探」多機能チャートより

日経平均 : 19591.41 (+37.55)
TOPIX  : 1557.72 (+2.71)


[寄り付き概況]

 19日の日経平均は反発でスタート。18日の米国市場は、良好な週間新規失業保険申請件数や4月景気先行指数の内容が好感され上昇。シカゴ日経225先物清算値は大阪比35円高の19605円、円相場は1ドル111円40銭台で推移している。それらを受けて本日の東京市場では、前日に下落が目立った金融関連やSOX上昇を受けたハイテク株などを中心に買い先行となった。

 セクターでは、証券先物取引業、保険業、電気機器、情報通信業、海運業、銀行業が堅調。売買代金上位では、ソフトバンクG<9984>の10兆円ファンドへの参加が報じられているシャープ<6753>のほか、三菱UFJ<8306>、みずほ<8411>などメガバンク、ファナック<6954>、任天堂<7974>、ソフトバンクG<9984>、トヨタ自<7203>、ブイ・テクノロジー<7717>、JT<2914>、ルネサス<6723>、東京エレク<8035>が堅調。一方で、ホンダ<7267>、キヤノン<7751>、リクルート<6098>、ファーストリテ<9983>、アステラス製薬<4503>はさえない。
《HT》

 提供:フィスコ

日経平均