市場ニュース

戻る

【特集】音声アシスタント本格化、AI・IoT等新展開は-検証・下期注目業界(上) <GW特集>

LINE <日足> 「株探」多機能チャートより

―登場迫る「AI家電」、iPhone8で関連株に最脚光も―

 17年のIT業界ではAI(人工知能)IoT(モノのインターネット)を中心に活発な投資が進められている。そんななか、市場の注目を一身に集めているのが、米アマゾン・ドット・コムの「アレクサ(Alexa)」に象徴される音声アシスタントの動向だ。音声を使ってAIを活用する「音声アシスタント」を搭載したスマート家電やAI家電は新たなトレンドとして急浮上している。また、今秋には米アップルの新型iPhoneも登場し大きな話題を集めそうだ。IT関連業界の17年下期の動向を探った。

●米ナスダックは史上初の6000突破

 米ナスダック指数は4月25日に初の6000を突破した。その原動力となっているのが、アップルのほか、アマゾン・ドット・コムやフェイスブックといったIT関連株だ。

 例えば、アップルの株価はこの1年で5割上昇、アマゾンは同じく3割強上昇し、上場来高値を更新している。そんな活況に沸くIT業界のなかでも、市場の高い関心を集めているのが、音声とAIを組み合わせた「音声アシスタント」の動向だ。なかでも、アマゾンのAIプラットフォーム「Alexa(アレクサ)」に視線は集中している。同社はアレクサを搭載し音声認識を可能としたスマートスピーカー「アマゾン・エコー」を14年秋に発表。音声に反応し自動応答するエコーは、指示を出すと音楽や映像を流したり、商品を注文できたり、音声で家の電気のオンオフなどもが可能であり大ヒットしている。

 またアマゾンのアレクサと同様にグーグルは「グーグルホーム」を展開。この「アレクサ」や「グーグルホーム」は、これから始まる音声認識時代の本命となり、「スマートホーム・ハブ」の中核を担う存在になるとの観測が世界のIT業界では急速に高まっている。

●LINEの「Clova」やシャープなどの動向注視

 この音声アシスタントを使った技術は、AI家電など幅広く活用される見通しだが、その動きは今下期以降、一段と本格化しそうだ。

 日本企業では、音声アシストに絡む具体的な動きはまだ目立たないものの、LINE <3938> は3月に、AIプラットフォーム「Clova(クローバ)」を発表している。また、スマートスピーカー「WAVE(ウエーブ)」を初夏に日本と韓国で発売することを明らかにしている。LINEは、パートナ―企業として、ソニー <6758> 子会社のソニーモバイルコミュニケーションズ、タカラトミー <7867> などの名前を挙げている。

 シャープ <6753> [東証2]は一般的な家電の操作を音声でできる「ホームアシスタント」を開発している。同社はIoT(モノのインターネット)とAIを掛け合わせた「AIoT(モノの人工知能化)」を推進。連携する家電を増やし、スマートホームへとつなげることを目指しており、ホームアシスタントも17年の商品化を目指している。

 また、オンキヨー <6628> [JQ]は、AIを活用した新型家電を相次ぎ発売し、話しかけると音楽再生や天気確認などができるスピーカーを今夏以降、米国で発売すると報道されている。同社のAIスピーカーにはアマゾンのアレクサを搭載されるという。

●「iPhone8」で関連株が再脚光

 一方、今秋に注目を集めるのが必至なのが、アップルの新機種「iPhone8」だ。例年通りなら9月に新機種が発売される見通しだが、新型iPhoneでは、有機ELが採用されるとともにホームボタンはディスプレー内で表示する方式とし、その分ディスプレーが大型化されるとの観測が出ている。今年は「iPhone誕生10周年」ということもあり、注目度は例年に増して高い。

 有機EL関連では、保土谷化学工業 <4112> や平田機工 <6258> [JQ]、ブイ・テクノロジー <7717> などが再度、脚光を浴びそうだ。また、セキュリティー面では顔認証や虹彩認証などが採用される可能性もあるほか、ワイヤレス充電が取り入れられるとの観測も出ている。顔認証関連ではサクサホールディングス <6675> やテラプローブ <6627> [東証M]、モルフォ <3653> [東証M]など、ワイヤレス充電では、ダイヘン <6622> やサイバネットシステム <4312> などを関連銘柄としてマークする動きもある。


※7日(日)20:00に「EV車“本格シフト”と日本勢の行方-検証・下期注目業界(下)」を配信します。

★ゴールデンウイーク期間中、「GW特集」を“30本”配信します。ご期待ください。
       →→ 「GW特集」の記事一覧をみる

株探ニュース

日経平均