市場ニュース

戻る
2017年04月20日09時08分

【材料】国際帝石など原油関連株が売り優勢、WTI原油先物価格急落で米エネルギー株安に追随

国際石開帝石 <日足> 「株探」多機能チャートより
 国際石油開発帝石<1605>、石油資源開発<1662>、JXTGホールディングス<5020>など原油関連株に売りが優勢。足もと原油市況が波乱含みに下落している。米エネルギー省発表の週間在庫統計で、ガソリン在庫が事前予想と反して増加したことがガソリン価格の下落を招き、これが原油先物市場の下げにつながっている。前日のWTI原油価格は1ドル97セント安の1バレル=50ドル44セントと急落、これを受けて、米国株市場ではシェブロンやエクソンモービルなどのエネルギー関連株が売られ全体相場の足を引っ張った。東京市場でも原油価格の下落が収益面にデメリットとなる銘柄セクターに売りが波及している。

出所:株経ONLINE(株式会社みんかぶ)

日経平均