市場ニュース

戻る
2017年04月13日11時39分

【材料】<動意株・13日>(前引け)=ぷらっとホーム、スター精密、コメダHD

ぷらっと <日足> 「株探」多機能チャートより
 ぷらっとホーム<6836>=ストップ高し年初来高値を更新。インテルは12日、世界標準のIoTプラットフォームを採用した家庭向け宅内IoTプラットフォームの実証実験を今月から開始すると発表。ぷらっとホームが実証用宅内IoTゲートウェイを手掛けるとされていることから、これが材料視されているようだ。実証実験は関西地区のファミリー世帯100戸で、異種デバイス間の相互運用性の検証や新しいサービスの検証を行う。なお、この実証実験には関西電力<9503>やKii(東京都港区)なども参加する。

 スター精密<7718>=急反発。12日の取引終了後に発表した17年2月期連結決算が売上高489億3700万円(前の期比10.1%減)、営業利益36億600万円(同37.1%減)と減収減益ながら従来予想の営業利益33億円を上回って着地したことに加えて、18年2月期連結業績予想が、売上高512億円(前期比4.6%増)、営業利益46億円(同27.5%増)と大幅増益見通しであることが好感されている。主力の工作機械事業で、国内市場の回復に加えてアジア市場が好調に推移すると見込んでいるほかに、特機事業もmPOS向けプリンターを中心に好調に推移すると予想。さらに精密部品事業でも非時計部品を中心に売り上げの増加を見込んでいるという。また同時に発表した中期経営計画で21年2月期に売上高600億円、営業利益70億円を見込んでいることも意欲的な中計と評価されているようだ。

 コメダホールディングス<3543>=大幅続伸。12日の取引終了後に発表した18年2月期の連結業績予想が、売上高260億4700万円(前期比8.3%増)、営業利益72億4300万円(同5.2%増)、純利益48億7600万円(同8.2%増)と連続最高益更新を見込んでいることが好材料視されている。積極的な新規出店に加えて、新商品・季節商品の投入やキャンペーンの実施、さらに改装の推進などで既存店の活性化を図る見通し。また、仕入れ・物流コストや製造コスト抑制の取り組みを進めることで、業績拡大を図るとしている。なお、17年2月期決算は、売上高240億5200万円(前の期比10.7%増)、営業利益68億8500万円(同5.0%増)、純利益45億800万円(同9.3%増)だった。

※未確認情報が含まれる場合があります。株式の売買は自己責任に基づいて、ご自身でご判断ください。

出所:株経ONLINE(株式会社みんかぶ)

日経平均