市場ニュース

戻る
2017年03月22日08時31分

【市況】レンジ下限の攻防は想定内だが、押し目買いも強まらず/オープニングコメント

NYダウ <日足> 「株探」多機能チャートより

 22日の日本株市場は、売り一巡後の底堅さを見極める相場展開になろう。21日の米国市場は、NYダウが200ドルを超す大幅な下げとなり、この流れからシカゴ日経225先物清算値は大阪比340円安の18970円。円相場は1ドル111円台半ばでの推移となっている。オバマケアの廃止を含む医療保険関連法案で、共和党内の調整が難航していることが嫌気され、今後の政権運営への先行き懸念が強まったようだ。

 この米株安の流れを受けて幅広い銘柄に売りが先行することになり、日経平均はもち合いレンジの下限レベルでの攻防となる。25日線や75日線のほか、一目均衡表の転換線、基準線、雲上限を下回ってくる可能性があり、遅行スパンは下方シグナルを発生させてくる可能性がある。

 一気にシグナルが悪化する格好となるが、もち合いレンジが長期化するなか、慎重姿勢は高まっていた。売り一巡後にレンジの下限での底堅さが意識されるかを見極めたいところである。ただ、国内では「森友学園問題」に関する政治リスクを警戒する声も聞かれてきている。明日23日には籠池理事長の証人喚問を行う予定であり、積極的な売買は手控えられやすい。レンジ下限での底堅さが意識されたとしても、自律反発には向かいづらいところだろう。

 物色の流れとしては内需・ディフェンシブ系のほか、先物等インデックス売買の影響を避ける格好から、東証2部のほか、新興市場の中小型株での短期的な値幅取り狙いに向かわせよう。
《AK》

 提供:フィスコ
お気に入りを追加しました。
x
お気に入りを削除しました。
x

日経平均