市場ニュース

戻る
2017年03月20日07時39分

【通貨】今日の為替市場ポイント:◆ユーロ編◆対円レートは121円台半ば近辺で上げ渋る状態が続くか

ユーロ円 <日足> Slowストキャス 「株探」多機能チャートより

ユーロ・ドルは、1.0458ドル(2015/3/16)まで下げた後、一時1.1714ドル(2015/8/24)まで反発したが、1.0524ドル(2015/12/03)まで反落。その後、1.1616ドル(2016/05/03)まで戻したが、米金利上昇などを意識して1.0341ドル(2017/01/03)まで下落する場面があった。ユーロ・円は、141円06銭(2015/6/04)から122円06銭(2016/3/1)まで下げた後、128円22銭(2016/3/31)まで買われたが、英国民投票でEUからの離脱が決定し、一時109円57銭(2016/06/24)まで急落した。その後124円10銭(2016/12/15)まで反発している。


本日のユーロ・円は、121円前後で推移か。欧州中央銀行(ECB)による早期利上げの可能性は消えていないが、米ドル・円相場に大きな動きがない場合、ユーロの対円レートは121円台半ば近辺で上げ渋る状態が続きそうだ。

【ユーロ売り要因】
・ギリシャ債務問題に対する警戒感残る
・ユーロ圏と米国の金利差拡大観測
・独仏の政治不安は払拭されず

【ユーロ買い要因】
・ECBの資産買い入れ規模は4月以降、毎月200億ユーロ減額へ
・ユーロ圏の金利先高観、景気下振れのリスク軽減
・トランプ政権は貿易黒字国による通貨安誘導を強く批判

《MK》

 提供:フィスコ
【関連記事・情報】
お気に入りを追加しました。
x
お気に入りを削除しました。
x

日経平均