市場ニュース

戻る

【通貨】今日の為替市場ポイント:ドル・円は主に112円台で推移か、東京市場休場で主要通貨の為替取引は動意薄

ドル円 <日足> Slowストキャス 「株探」多機能チャートより

17日のドル・円相場は、東京市場では113円28銭から113円49銭で推移。欧米市場でドルは一時112円57銭まで下落し、112円72銭で取引を終えた。


本日20日のドル・円は主に112円台で推移か。東京市場は休場となるため、ドル・円などの主要通貨の為替取引は動意薄の状態が続く見込み。目先的にリスク選好的な円売りはやや抑制される可能性がある。


17-18日に開催された20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議では、「成長は依然として望ましいペースよりも弱く、世界経済の下方リスクが残存している」との見解が共同声明に盛り込まれた。為替については「為替レートの過度の変動や無秩序な動きは、経済及び金融の安定に対して悪影響を与え得ることを再確認する」との認識が共有されており、「通貨の競争的な切り下げを回避することや競争力のために為替レートを目標とはしない」とのルールを各国が順守することになる。


ただし、市場関係者の間からは、保護主義に反対するとの文言が今回の声明には含まれていないことを懸念する声が聞かれている。貿易に関して、トランプ政権は2国間の交渉を重視する方向にあるため、二国間の自由貿易協定に締結に向けた交渉で特定の分野(自動車、農業など)について、米国の要求はこれまで以上に厳しいものになる可能性がある。


G20は為替レートを目標とはしないとのルールを設けているが、日本との自由貿易協定に関する交渉が停滞した場合、投機筋などが円買い・米ドル売りを仕掛けてくる可能性はゼロではないと思われる。

《MK》

 提供:フィスコ
【関連記事・情報】
お気に入りを追加しました。
x
お気に入りを削除しました。
x

日経平均