市場ニュース

戻る
2017年03月16日18時15分

【テク】日経平均テクニカル:短期線も煮詰まり感


小反発。19500円を割り込んで始まったが、25日線が支持線として意識されるなか、その後の切り返しで5日線を回復している。結果的にはもち合いレンジの上限レベルでのこう着といった動きとなった。一目均衡表では転換線が支持線として機能しているほか、遅行スパンは上方シグナルが継続している。ボリンジャーバンドでは+1σを下回って始まり、中心値(25日)とのレンジ推移をみせていたが、終値では+1σを上回って終えている。バンドがやや収れんしてきているため、煮詰まり感が意識されてくる。週間形状では引き続き上昇する13週線が支持線として機能しており、煮詰まり感が台頭。週足のボリンジャーバンドでは上昇する+1σ水準での攻防が続いている。+1σと+2σとのレンジに移行してくるかを見極めたいところ。+1σを上放れてくるようだと、20630円近辺に位置する+2σとのレンジに移行する。
《SK》

 提供:フィスコ

日経平均