市場ニュース

戻る
2017年03月16日16時21分

【通貨】東京為替:ドル・円は安値圏推移、日銀総裁会見に反応薄

ドル円 <日足> Slowストキャス 「株探」多機能チャートより

 ドル・円は113円20銭台で推移。日銀の黒田東彦総裁は15時半から記者会見し、米金利の上昇について「新興国経済に深刻な影響を与える状況になっていない」などと発言したが、特に材料視されていないもよう。日銀は本日の政策決定会合で、大規模金融緩和策の継続を決めた。ただ、足元では円売りの効果は乏しい状況となっている。


 ここまでのドル・円の取引レンジは113円16銭から113円55銭。ユーロ・円は121円48銭から121円88銭、ユーロ・ドルは1.0720ドルから1.0746ドルで推移。

《KK》

 提供:フィスコ
【関連記事・情報】
お気に入りを追加しました。
x
お気に入りを削除しました。
x

日経平均